お知らせ

Information

2024/6/29(土) に、カクイックス交流センター(旧 かごしま県民交流センター)で開かれる、第136回日本循環器学会九州地方会に、鹿児島医療センターより3題(Case report award1題、研修医セッション2題)演題が採択されています。

 

Case Report Award 1 6  AM 9:00〜10:20 C会場(⼤ホールB) 発表6分 質疑応答4分

演題名:「原因検索により植え込み型除細動器移植を避けられた若年者のQT短縮症候群による⼼室細動の⼀例」

発表者:鹿児島医療センター循環器内科(現:霧島市立医師会医療センター所属) 村山 剛大先生

 

研修医セッション 2 3  AM 10:00〜10:56 E会場(⼤研修室1)発表5分 質疑応答3分

演題名:「⼼静⽌に⾄った劇症型リンパ球性⼼筋炎にECPELLA管理を⾏い救命した⼀例」

発表者:鹿児島医療センター 研修医 中馬 洋介先生

 

研修医セッション 3 2  AM 11:00〜11:48 E会場(⼤研修室1)発表5分 質疑応答3分

演題名: 「FDG-PETが診断に有効であった右⼼系腫瘍の⼀例」

発表者:鹿児島医療センター 研修医  尾辻 良彦先生

 

当日は、奮ってご参加ください。

学会ホームページへのリンク→ https://k-jcs136.com/

 

当循環器科グループの鹿児島医療センターが、植込型補助人工心臓(VAD)の管理施設に認定されました。九州大学病院で心臓移植、VADの管理を学ばれた石川 裕輔先生を始めとして、昨年度より、心臓血管外科医、循環器内科医、看護師、臨床工学技士のチームで管理施設取得への準備を進めてきた結果がようやく報われました。おめでとうございます。

鹿児島医療センター 循環器内科 松本洋之先生の Case reportが、European Heart Journal -Case Reportsにアクセプトされました。

Title: Right-Side Cardiac Metastasis of Squamous Cell Carcinoma from Esophagogastric Junction Cancer.

Author: Hiroyuki Matsumoto, Shun Ijuin, Toshihiko Terashi

おめでとうございます。

2024年5月31日に開かれた第10回鹿児島救急集中治療研究会にて、鹿児島医療センター 循環器科 石川裕輔先生が、登壇され、鹿児島における植え込み型補助人工心臓(LVAD)治療について、ご講演されました。

植え込み型補助人工心臓(LVAD: Left Ventricular Assist Device)は、本邦において従来、心臓移植を予定した重症心不全患者さんのみ、植え込み可能なデバイスでしたが、2021年4月にDT(Destination Therapy:長期在宅補助人工心臓治療)適用となり保険収載されました。今後、鹿児島県内でもLVAD挿入患者さんが増えていくと思われます。九州大学で心臓移植に携わる藤野 剛雄先生もお招きし、国内の心臓移植の現状と未来についてお話いただきました。大変実りのある会となりました。

下川原裕人先生が、2024年5月25日に開かれた鹿児島大学消化器疾患・生活習慣病学 同門会において佐藤賞を受賞されました!!

 

下川原裕人先生は肺高血圧領域の専門家で、難病である慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する肺動脈のバルーン治療を、鹿児島県で初めて行った先生です。現在は岡山県で活躍されています。臨床分野はもとより、研究成果が認められ、今回の賞を受賞されるに至りました。

 

佐藤賞は鹿児島大学の旧第二内科を立ち上げた佐藤八郎教授にちなんで作られた、優秀な研究者に与えられる名誉ある賞です。

 

下川原先生の益々のご活躍を祈念いたします。

鹿児島医療センター循環器内科 薗田 正浩先生が鹿児島県医師会の理事に就任されました。

益々のご活躍をお祈り致しております。

2024年4月22日(月)の南日本新聞「論点」で鹿児島医療センター院長 田中康博先生の記事が掲載されます。

ご期待ください!!

2024年3月8日〜10日に開かれた第88回日本循環器学会学術集会にて、鹿児島医療センターから3題(日本語オーラル1題、英語ポスター2題)演題発表を行いました。村山剛大先生は、研修医2名を帯同しての学会参加、初めての英語プレゼンテーションでしたが、堂々と発表を行っていました。どのセッションもディスカッションが大変盛り上がり、有意義な会となりました。遠路はるばる応援に駆けつけて頂いた先生方、誠に有難うございました。

今後は同演題の論文化を行っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2024年3月4日(月)付の南日本新聞の「論点」において、鹿児島医療センター院長 田中康博先生の記事が掲載されました。

内容は、鹿児島県の人口減少と地域医療問題についてです。

記事の内容に関しては共有できますので、鹿児島医療センター第2循環器科医局までお問い合わせいただければ幸いです。

次回は、2024年4月22日(月)の南日本新聞「論点」で執筆される予定です。ご期待ください。

来週末、2024年3月8日(金)〜10日(日)に神戸コンベンションセンターで開かれる、第88回日本循環器学会学術集会において、当循環器グループから3題、演題発表を行います。

下記日程です。

 

@演題名:Conduction System Pacing contributes to Left Ventricular Reverse Remodeling and Improvement of Left Atrial Function

●セッション名:Poster Session (English) 50  「Device」
●セッション日時:2024年3月10日(日) 09:35〜10:35
●セッション会場:ポスター会場 1 (神戸国際展示場 2号館 1階 コンベンションホール)

●発表者:村山剛大

 

A演題名:Heart Rate is Predictor of Left Ventricular Reverse Remodeling with Sacubitril/Valsartan

●セッション名:一般演題口述(日本語) 22  「Heart failure (Pharmacology)1」
●セッション日時:2024年3月10日(日) 13:20〜14:50
●セッション会場:第21会場(神戸国際会議場 5階 502会議室)

●発表者:中別府麻里(代行 伊集院)

 

B演題名:Left Bundle Branch Block and Left Ventricular Enlargement Deteriorate Prognosis after Leadless Pacemaker Implantation.

●セッション名:Poster Session (English) 65  「Leadless PM」
●セッション日時:2024年3月10日(日) 14:50〜15:50
●セッション会場:ポスター会場 1 (神戸国際展示場 2号館 1階 コンベンションホール)

●発表者:伊集院駿

 

日本語の口述が1題と、英語のポスターが2題です。いずれも学会最終日ですが、お時間のある方は、ぜひ足をお運びください。

私どもと志をひとつにしてくれる人を募集しています。
お問合せ